So-net無料ブログ作成

スポンサーリンク




林修の今でしょ!講座で放送された正しいウォーキングダイエット方法 [ダイエット]

「今でしょ!」で人気の東進ハイスクール講師の
林修先生の出演するテレビ朝日系番組
「林修の今でしょ!講座」

本日の放送では
「体に良い情報を徹底的に学ぶ秋の健康SP」
という内容でがん検診、歩く、味噌汁がテーマとなっていました。

その中の「歩く」テーマで紹介された
歩き方を正すだけでダイエットにも効果の期待できる
正しいウォーキングの仕方についてお伝えします!

あすから誰でもすぐに実践できるダイエット法!
ぜひお試しあれ★





yjimage (2).jpg

お金もかからずお手軽にできるダイエットとして
老若男女問わず人気の高い
「ウォーキング」

しかし、正しい歩き方をしていなければ
逆効果になってしまうことをご存知ですか??

歩くときの姿勢、歩く時間帯を気をつけるだけで
なんと1年で脂肪2キロ分の差ができてしまうそうです!

衝撃ですよね。

せっかく行っているウォーキングを無駄にしないために
正しい方法を知って明日から実践してみましょう!!

①ウォーキングを行う時間は『夕方5時~6時が良い』

夕食前に体を動かしてしまうと
余計お腹がすいて夕食をたくさん食べてしまい
ダイエット効果が薄れるような気がしますが…

実は…
ウォーキングをすることにより一時的に血糖値が上がり
脳が満腹状態と錯覚するため
夕食は少しでもお腹いっぱいになるそうです。
そのためダイエットにも効果的だそうです!


②歩くときは大股で歩く

人間の皮膚の内側には「筋膜」と呼ばれる膜が覆われています。
これは全身タイツを来ているようなもので
正しい姿勢で体を動かさないと筋肉が衰え代謝が落ちてしまい
脂肪がつきやすい体になってしまうだけではなく
肩こりや腰痛などを引き起こしてしまうそうです。

普段何気なく歩いていて
自分が小股だと気づかない人がほとんどですが
これを意識していつもの歩幅+足1歩分の大股で歩くように
心がけるだけで下半身の筋肉が活性化し、代謝効率が上がるそうです。

③筋膜をほぐすストレッチを行う

全身を覆っている筋膜をほぐすことにより
いつもと同じ動作でもより筋肉運動を効果的にしてくれるそうです。

・椅子の背もたれを横にして立つ。
・肩幅くらい足を開く
・椅子の背もたれの上に腕の肘から下の部分をのせる
・反対側の腕を頭の上まであげる
・体を背もたれの方向へ少し倒す

こうすることで脇腹から足先がピンと伸びます。
慣れるまでは痛みを感じるかと思いますが
これを行うとカラダが軽くなり肩も楽になりますよ★

正しい方法を身につけて
効率よくウォーキング楽しみたいですね!



スポンサーリンク






nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。